2012年4月30日月曜日

『草原』22-02(通巻86)号より



  イブのチキンの相手は息子  渓子
 どうも最近のクリスマスイブとは、恋人同士で過ごす日のことのようです。お母様側からしてみれば、「うちの子はクリスマスイブなのに家にいて大丈夫なのかしら」といったところではないかと勝手に想像いたしました。

知らぬ女から喪中の報せ  白兎
人付き合いの多い方ですと、こういうことも多々あるようです。しかしもしも、本当にまったくの他人であるとしたら、ちょっとしたホラーが始まるような気がします。

深酒を悔やんでも晴天  風狂子
二日酔いの日は、私の思い込みでしょうか、晴天が多いような気がします。こんなにいい日なのに外へ行けないというのは、なかなかつらいものです。だからといって深酒を辞めることはないのでしょうけれども。

句にならない冬空を見上げる  ゆ
 どのような空だったのか気にはなりますが、どうやら句にならないものは存在しないようですね。随句に無限の可能性を感じました。

そんなこというもんじゃないよと母は十七回忌  権三郎
お母様の口癖だったのでしょうか。人の悪口や影口を嫌う方であったのではないでしょうか。母に言われたことは、きっといつまでも心の中に残り続けるのでしょうね。

日のあたる野を遠く本を読んでをる  武二
本を読んでいる場所が少し高台になっていて、野原を遠くまで見渡せます。本の中に入っていける、静かで楽しい読書場所なのでしょうね。

0 件のコメント:

コメントを投稿